iPhoneの修理前にデータを取り出す方法

修理店でデータを取り出す

自宅にパソコンが無い、または自分でデータを取り出す方法が分からないという方は、修理店でデータを取り出してもらうのが手っ取り早くて良いです。修理店によってはデータを取り出すサービスは対応していない可能性もあるので、前もって確認しておく必要があります。データは、一時的に保存して修理後に携帯電話に復旧させるだけなので、その後はデータをしっかりと処分してくれるので安心して良いです。データを取り出す理由は、修理する事によってデータが消えてしまう可能性があるので、安心安全に修理する為にデータ取り出しサービスを活用するのです。このサービスは、基本的に有料なので、修理する部品以外にも費用が掛かる事を覚えて頂きたいです。

自分でデータを取り出す

携帯電話のデータをパソコンに保存しておく方法があります。もし、パソコンが自宅に無い場合は、携帯電話から直接バックアップする方法があるので、その方法でデータを取り出すのが一番早く安全です。携帯電話の専門のソフトウェアで保存する事が出来ますが、それ以外にも他社が制作したバックアップ出来るソフトウェアの販売や無料で使用できるソフトウェアもあるので活用してみると良いです。パソコンに保存する場合に必要なのは、データを送信できるケーブルが必要になります。パソコンとケーブルと携帯電話だけを用意したら保存出来ます。もし、保存出来ない場合は、ケーブルがデータの送受信に対応していない、または、パソコンの容量が少ない可能性があります。

iphoneが起動しない場合は、電源ボタンとホームボタンを同時に長押しするのが一番効果的な方法です。画面にリンゴマークが出たら成功です。