iPhoneの水没した時の応急処置は?

水没した時、一時的でもiPhoneを復旧させる方法は?

まず、画面がつくかを確認してください。この時画面がつかないからと言って、電源を入れようとしてはいけません!画面が真っ暗になったままなら、残念ながら故障している可能性が高いです。
もし画面がついたなら、すぐに電源を切りましょう!濡れている状態のiPhoneに電気を通すのは危険ですので、充電も絶対NGです!
次にSIMカードを抜きましょう。本体の側面に、小さい穴があると思います。見つけたら、そこに細いピンの先などを入れてグッと押し込めば、SIMカードが出てきます。取り出して無くさないように保管しておきましょう。
そのあとは水分をしっかり拭き取って、ジップロックなど密閉できるものに乾燥剤と一緒に入れて、乾くまで放置です。念を入れて2、3日ほど放置しなければいけません。乾燥剤はiPhone専用のものもありますが、お菓子などについてくるもので十分です。

応急処置で絶対にやってはいけないこと

上でも言いましたが、まず充電や電源をオンにするなど、電気を内部に通さないようにしてください。故障はもちろん、感電などの危険があります。絶対にやめましょう。
そして、iPhoneを乾いていない状態で振ることもNGです。内部に水が残っていた場合、水がくまなく行き渡ることになってしまい、運良く濡れなかった部分も濡れてしまいます。水気を切る場合は、丁寧に乾いた布などで拭き取りましょう。
また、早く乾きそうだからといってドライヤーを使って乾かすのもダメです。確かに乾くのは早いかもしれませんが、精密機器は水と同じく、熱にも弱いものです。内部の機械が熱によって壊れてしまう可能性が非常に高いので絶対にやめましょう。また、ドライヤーの風によって水が内部にどんどん入っていってしまう可能性もあるので、熱がダメなら冷風を、ということもダメです。

iphoneの充電ができないケースは、珍しくありません。その場合、一度電源を落としてから再度試みる処置が必要です。